オーストラリア de ワーホリ !!

学生の頃から英語が苦手。海外に興味ZEROだった私が3年間務めた会社を突如退職し、向かった先はまさかのAustralia!! 波乱万丈、でも『どうにかなる精神』でやってます。現在、渡豪2年目。パートナーはYouTuber。主にオーストラリアLife 、そしてたまに?Love(笑)も。のらりくらり更新していきます**

そして遂にラウンドへ! 【#006】

…てなわけでね!

 

来る運命の日。

【2016年09月25日 (Sun) 晴れ】

 

www.youtube.com

 

いよいよゴールドコーストを離れるときが!!

とにかく広大なオーストラリア
日の出から日の入りまで運転し続けないと目的地にたどり着けない!!
…てことで私たちも朝早くから出発することになっていて、当日私がUEPの家に行くと…

 

UEP『ねー冷蔵庫からハム1kgでてきた!(・∀・)』

 

私『…(* -_-)』

 

引っ越し整理くらい前日までに終わらせておいて下さい。

…ってことで急遽、1kgハム入りチャーハンを作っていざ出発!!

 


サーファーズパラダイスを後にして最初に向かうは

オーストラリア本大陸最東端のケープバイロンがある

Byron Bay (バイロンベイ)”!!

 

f:id:ohanaaustralia:20170808191136p:plain

 

人口わずか5,000人ほどの小さな町ですが、

オシャレなビーチリゾートとして人気の場所です。

 

“この町が注目を集めだしたのは、1970年代に、よりよい波を求めていたサーファーたちがやってくるようになったことがきっかけだった。(中略) また、1970年代後半からは、ヒッピームーブメントの影響を強く受けた人たちが移り住むようになり、ボヘミアンな町へと変貌を遂げていく。そして、その雰囲気に魅了された芸術家やデザイナー、クラフト作家などがアトリエを構えるようになり、現在のような洗練されたリゾートタウンになったのだ。”


-地球の歩き方 2016~17 オーストラリア-

 

オーガニック、そしてスピリチュアルな町として名高く、

ゴールドコーストからの日帰り旅行先としても人気で

私もずっと行ってみたかった場所!(・∀・)

 

まずはオーストラリアメインアイランドの最東端、ケープバイロン

向かいます!!
ちなみに、この“ケープバイロン”は英国の詩人バイロンの祖父にちなんで、

キャプテンクック (オーストラリア大陸発見した人) が名付けたものらしいです(・∀・)

 

青い空白い灯台!!そして青くて雄大な海で泳ぐクジラたち…
これから始まる旅が良いものになるような、そんな希望に満ちた日♪**

 


…と思ってた矢先、事件は起きた!!

愛車のAMACHANから今度はエンジンオイルが漏れていることに気が付いて

急いでリペアショップにもっていき、とりあえず見てもらうことに…(・д・)
メカニック (整備士さん) によると、

『エンジンオイルが入っているタンクが劣化してる。

完全にフィックスするにはお金がかかりすぎて、新しい車が買える』

とのこと。
しょうがないからだましだまし、オイルをつぎ足しながら乗るよう言われました (;ω;)

 

雨漏りに加え、オイルも漏らすAMACHAN(笑)

 

そして、点検費$200 (゜д゜)!!
修理したんじゃなくて、点検だけ。高すぎない?


そしていよいよ、ここで私たちのお金も尽きる
出発初日にしていきなりファームジョブをすることに…(;ω;)

 

ちなみに、今日私たちが進んだ距離はおよそ100kmなんですが、

地図で見ると、

 

f:id:ohanaaustralia:20170808193626p:plain

 

こんな感じ (・∀・)

 

 

…え?進んだ??(笑)

 

www.youtube.com